あなたが太る原因は何かご存知ですか?頑張っても痩せない理由とは?

『そこまで食べているわけではないけど太ってしまう』
『自分の生活習慣の中で太る原因を知りたい!』
『たくさん食べている人が太らないのはなぜ?』

 

ダイエットの必要があるというのはある意味太る習慣を継続しているからですよね
一生ダイエットに困らないようにする為にはその習慣の原因を突き止めることが重要です
誰もがわかっていることだとは思いますが、それが一番の近道かもしれません
そこでよくある太る習慣をリサーチしてみました^^


太ってしまう生活習慣

買いだめ

スーパーなどで安いときに買いだめをするというのは基本的にはいいことですが、常に食べ物が家にあるのは間食を増やす原因になってしまいます
空腹になっても家に食べ物が無いので諦めた事はありませんか?
その時にお家にたくさんのスナック菓子やチョコレートがあったら我慢できたでしょうか?
少しだけなら…とついつい食べてしまう人は多いと思います

 

人間は弱い物です、食べ物があるのに我慢するのと無いので諦めるとではストレスも違います
買いだめしても余分に食べてしまったら節約どころか無駄遣いになってしまっているのかもしれません

 

もし、買いだめするとしたら調理が必要な食材にしておき加工食品や菓子パンやお菓子などは必要最低限い抑えておきましょう

ながら食べ

ながら食べは最ももったいない食事です
無意識に食べているので食事としての満足感も無くカロリーだけ無駄に摂取してしまっています

 

『あんまり食べていないんだけどな〜』と呟いている方ほど実はながら食べが多かったりします
デスクワークの方や主婦の方はながら食べがクセになっていませんか?
1度レコーディングダイエットなどをして自分が食べた物を記録しておいても効果的かもしれませんね^^

深夜食

夜に食べると太りやすいのは誰もが知っている事実です
その原因としてはBMAL1(ビーマルワン)という体内にある物質が関わっています
BMAL1は主な役割として体内時計の役割がありますが、そのほかに脂肪を生成する働きもあります

 

そして、BMAL1は時間帯によって分泌されている量が違うんです
最も分泌量が少ない時間帯が14時〜15時の間で最も多いのが22時〜2時の間です
その分泌量は20倍も違うとも言われています
(20倍脂肪が付きやすいというわけではありませんが)

 

その為、同じカロリーを昼間と深夜に食べるのではまったく脂肪の付きやすさが違うんです

1日1食のドカ食い

1日1食だけの食事でドカ食いをしている人も多いのではないでしょうか?
『1日1食ならたくさん食べても大丈夫だろう…』と思ってたくさん食べている人も多いようにかんじます

 

しかし、1日1食で一度にたくさんのカロリーを摂取すると体内でエネルギーとして消化されきらずに
脂肪として貯蓄されてしまいます

 

同じカロリーを摂取するのであれば回数を分けて食べた方がエネルギーとして使い切られるわけです
特に社会人になって忙しくなり、ダイエットの必要があると感じた方はこのパターンが多いですね
そして、1日1食となるとほとんどが夕食にドカ食いしてしまうのも要注意です
先ほど言いましたように夜の食事は著しく脂肪を溜め込み見ますからね

 

できるだけ朝食、昼食、夕食とバランスよく摂取するように気をつけましょう

 

 

また、運動の習慣がある人と無い人とでは当然太りやすさは変わってきます
しかし、ほとんどは食生活に問題があるので太ってしまう方が多いようです
1度自分の食事を一ヶ月観察してみてはいかがでしょうか?